トップページ おすすめホームページ イベント情報 がん関連リンク
がんにかかわる情報の配信ページです
放射線治療施設一覧 ホスピス・緩和ケア病棟施設一覧

月刊がん もっといい日Web版

検診・治療Data File

このホームページに関するご意見・お問い合わせはyamamoto-iihi@gekkan-gan.co.jpまで

『週刊がん もっといい日』編集部(株式会社日本医療情報出版)
TEL.03-5688-7816
FAX.03-5688-7803


健康産業の総合プロデュース



栄養療法などの情報をお届け


週刊がん もっといい日
過去の記事

カテゴリ検索
私のがん闘病記 治療最前線 統合医療最前線 連載 体験談
ここにこの人 がんに挑む企業 代替医療最前線 インタビュー


インタビュー

2007年
Vol.97
2008年2月22日
インタビュー
小林一彦・臨床医ネット代表に聞く
『化学療法と緩和ケアの接点、希望格差を生まないために〜』
Vol.85
2007年11月22日
インタビュー
政党が取り組むがん対策―自民党のケース
「がん患者さんのため息を聞きもらさず・・・
一人でも多くのがん患者さんのQOL向上と心身を癒すために力を注ぎたい」
後藤田正純衆院議員に聞く『がん医療のこれから』
がん専門医と患者・・・両者を身内にもつ衆院議員の後藤田正純さん
Vol.74
2007年9月7日
インタビュー
残された時間をいかに生きるかーそれは「これから死ぬんだ」
という気持ちではなく、どんな瞬間までも「ただ、いまを生きる」という
強い気持ちで100%生き切ればいい・・・
世界各国を歴訪し「笑い」と「癒し」をもたらすパッチ・アダムス博士
Vol.65
2007年6月29日
インタビュー
政党が取り組む『がん対策』第1回目―公明党のケース
「がんの痛みが取れれば社会復帰も可能になり、がんと闘う活力も出てきて、
心身に余裕がでてくれば適切な医療を選ぶこともできます・・・」
がん対策基本法づくりに奔走した渡辺孝男参議院議員(医学博士)に聞く「がん医療の課題これから」
Vol.54
2007年4月6日
インタビュー
「私は自然療法を通じて人の役に立つため
人生をかけてきた・・・」
アメリカの自然療法の旗手として活躍する
ジョセフ・ピッツアーノ博士(自然療法医)に聞く

2006年
Vol.31
2006年10月27日
INTERVEW
「2年前に乳がんと宣告され絶望感、孤独感に
見舞われながらも、がん患者のための
プログラムと出会い私は救われました」
アメリカ対がん協会のボランティアとして
活躍するカロール・セフリンさん

Vol.9
2006年5月19日
緊急インタビュー
与党合意で要綱策定、
「がん基本法」来週早々にも今国会に提出へ
要綱作りに奔走した公明党の
井上義久政務調査会長


------------------------------------------TOPに戻る


Copyright 2001-2005 Japan Medical Information Publishing, Inc. All Rights reserved.